八坂神社 をけら詣り

京都の八坂神社では、「をけら詣り」という年末年始にかけての無病息災・厄除けのお参りがあります。

大晦日午後7時半ごろになると、御神火が境内に吊るされた灯籠にともされ、人々の願いを記した「をけら木」とともに夜を徹して焚かれ、その火を火縄に移し、その火を消さないように火縄をくるくる回しながらのをけら詣りは、京都を代表する風物詩となっています。

その「をけら火」を持ち帰り、神棚の灯明に灯したり、お雑煮を炊く火種に用いるなどして新年を祝います🎌

をけら火は、大晦日午後7時半ごろ~元旦早朝まで焚かれます。

【八坂神社は、舞妓・花魁体験STUDIO夢工房 祇園店から徒歩10分ほどの場所にあります】


舞妓・花魁体験STUDIO夢工房は、年明け1月2日から営業しております。
(京都駅前本店は1月2日12時から、祇園店・嵐山店は1月4日9時からの営業となります。)

夢工房ホームページはこちらから